【ドットコムニュース】主婦の為のお得情報サイト

【おかんだって無知じゃない】消毒液のアレコレ いいねいいねドットコム | 地域スーパー情報サイト
インスタグラム フェイスブック ライン ツイッター
お問い合わせ
会社概要 活動報告
【東部大阪エリア】主婦の為のお得情報サイト
ドットコムニュース 
2020年04月30日

【おかんだって無知じゃない】消毒液のアレコレ

(こちらはただのおかんの知識です。)


2020年に入ってからマスクと同様に手に入りにくいのが手指消毒剤ですね。

一言で手指消毒といっても様々な種類があるのをご存じでしょうか?



コロナウイルスに効果的と言われている消毒剤はアルコール(エタノール)です。

同じように効果的と言われているもので、イソプロパノールというものがありますが

こちらは匂いがきつく、手荒れをひどくさせるものであまりおすすめではないそうです。


他の消毒としては

ベンザルコニウム→カビ退治に効果的

クロルヘキシジングルコン酸→一般細菌には効果があるが、ウイルスには無効

次亜塩素酸ナトリウム→ノロウイルス・ロタウイルスなどの微生物系に効果的

などをよくみかけますよね。


あとは小学校の保健室で怪我の消毒に使っていたオキシドール。

泡がシュワシュワしてすっごく沁みたのを思い出します。


重要なのは濃度だそうです。

エタノールは70%以上の濃度で、コロナウイルスには効果的とする報告があるそうです。

最近特によくみかける「アルコールジェル」と言われるものの中には

この濃度が低いものが大変多いので、買う際はチェックしてみてください。


手指消毒の代表的な「手ピ〇ジェル」などは保湿剤としてグリセリンなどの

保湿剤・潤滑剤が配合されているので、

通常のエタノールより手荒れが抑えられるそう。

じゃあエタノールとグリセリンが手に入ったら自分で手指消毒剤を作れる?

と思うかもしれませんが、配合には特殊な技術が必要なので決してしないようにしてください。


消費者が欲しすぎた結果、粗悪品や類似品が出回り、それさえも品薄になることは

いつの時代も同じですが、家で指一本でいろいろ調べられる時代なので

本当に正しいものだけ手に入れるようにしたいところですね。

販売店の中には丁寧に濃度までPOPで表示してくださるところもありました。

消費者だって馬鹿じゃない。

知識のある方々の情報が、今日も私達の生活を正しいものにしてくれています。

おすすめ記事