【ドットコムニュース】主婦の為のお得情報サイト

【おかん調べる】知ってる?トイレの節水事情 いいねいいねドットコム | 地域スーパー情報サイト
インスタグラム フェイスブック ライン ツイッター
お問い合わせ
会社概要 活動報告
【東部大阪エリア】主婦の為のお得情報サイト
ドットコムニュース 
2021年03月10日

【おかん調べる】知ってる?トイレの節水事情

ご家庭の中で水を使う場所が多いのはどこか知っていますか?

一般的に1位はお風呂、その次がトイレだそうです。

今回はトイレの節水について、おかん調べてみました。


まずはどのトイレにもあるレバーの「大」と「小」

これは単純に一度に配水される水量の差で分けているというものなのですが、

みなさん、「大きい方を流すのは大」「小さい方は小」と思っていませんか?

実は本来の使い方は、紙などを流す時は「大」のレバー。

液体のみを流す時は「小」のレバーなのだそうです。

女性は必ずペーパーを使用するので、必然的に絶対「大」のレバーになりますよね。

今までその方法で詰まった事なんてないけど・・・と思うかもしれませんが、

最近のトイレは節水方法にも非常に長けており、

前は大丈夫だったからという事は通用しなくなってきています。


他にも、昔ながらのおかんの知恵でトイレタンクに

ペットボトルなどを入れて水量を誤魔化し

節水する、というものがありますが、これは絶対にやってはいけません。

今すぐでなくてもゆくゆくは配管が詰まる原因になりますし、

タンク内の金具がペットボトルによって傷つけられ故障、

なんてことにもなりかねないのです。


様々なトイレの節水器具も販売されていますが、元々そのトイレに一番最適な

水量が計算されて作られているので、自己判断で水量を減らしてしまう事は

水回りのトラブルに繋がります。


では、どうすれば節水できるのでしょうか。

それはトイレを新品に交換する事が最も正しい節水方法だそうです。

昔のトイレに比べ、最新のトイレは配水が75%も節水されているものもあります。

便器は1台10万~20万と高額ではありますが、10年・20年と毎日何回も使用する事を

考えたら交換が一番賢い節水方法なのです。


トイレが故障して生活が不便&修理での急な出費、とならないように

正しい使い方と交換を考えたいですね。


おすすめ記事